明治大学・科学技術研究所シンポジウム
「大規模オミックス情報解析がもたらす生命科学の新たな展開」
明治大学

ゲノム・遺伝子相関
  日時:2013年9月2日 9:45~17:00
場所:明治大学・生田キャンパス
主催:明治大学・科学技術研究所(農学部・バイオインフォマティクス研究室)
後援:文部科学省科学研究費補助金「新学術領域研究」ゲノム・遺伝子相関
 
プログラム
大規模オミックス情報解析がもたらす生命科学の新たな展開
日時 2013年9月2日(月) 9:45~17:00
場所 明治大学 生田キャンパス 中央校舎6F メディア・ホール
神奈川県川崎市多摩区東三田1-1-1
アクセス 明治大学 生田キャンパスへの交通アクセス
参加費 無料
参加申し込み 定員:100名
当日参加も可能ですが、できる限り、事前申し込みをお願いいたします。
締切:2013年8月29日(木)
懇親会 小田急線 向ヶ丘遊園駅付近を予定
(費用は実費)
<タイムスケジュール>
 9:45~ 9:50
はじめに
矢野 健太郎 (明治大学・農学部)
 9:50~10:20
大規模オミックス解析とデータベース構築
矢野 健太郎 (明治大学・農学部、JST・CREST)
10:20~10:50
マウス多能性幹細胞DNAメチル化プロフィールに基づくほ乳類の幹細胞評価:ブタiPS細胞を例として
大鐘 潤 (明治大学・農学部)
10:50~11:20
オミクス解析で明らかとなってきた種内雑種特異的な遺伝子発現制御の実体
柴 博史 (茨城大学理学部)
11:20~11:50
高速ジェノタイピングを利用したソルガムのテーラーメイド育種
高梨 秀樹 (東京大学大学院 農学生命科学研究科、JST・CREST)
11:50~13:00 昼休憩
13:00~13:20
次世代シーケンサで分子生物学が変わる ~ Thousands Analyses In Your Lab ~(仮題)
杉村 逸郎 (北海道システム・サイエンス株式会社 ライフサイエンス本部)
13:20~13:40
新型シーケンサを活かすバイオインフォマティクス
新井 理 (ビッツ株式会社)
13:40~14:00
NGSデータ総合解析ソフトCLC Genomics Workbenchによるデータ解析の実例と機能紹介
岡 岳彦 (株式会社ワールドフュージョン)
14:00~14:10 休憩
14:10~14:40
酵母種間における比較プロテオミクス
紀藤 圭治 (明治大学・農学部)
14:40~15:10
Halotag protein array mapping of transcription factor interactome networks
矢崎 潤史 (理化学研究所統合生命医科学研究センター)
15:10~15:40
Rを用いたQTL解析入門
清水 顕史 (滋賀県立大学)
15:40~15:50 休憩
15:50~16:20
次世代シーケンサーの大量塩基配列の表現方法
伊藤 剛 ((独)農業生物資源研究所 ゲノムインフォマティクスユニット)
16:20~16:50
ソーシャルゲノムアノテーション
中村 保一 (遺伝研)
16:50~17:00
総合討論
矢野 健太郎 (明治大学・農学部)
※都合により、プログラムが変更される場合があります。
※終了後、向ヶ丘遊園駅周辺で懇親会を予定しています。
 
   
明治大学・農学部・生命科学科・バイオインフォマティクス研究室