京都大学生存圏研究所 京都大学 京都大学生存圏研究所
 
第202回生存圏シンポジウム:プログラム
「バイオテクノロジーと情報科学の接点」
-最先端の生物学、農学、バイオテクノロジーにおいて必要とされる情報科学は何か?-
http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/symposium.html#Symposium-0202
日時 平成24年03月05日(月) 13:00~17:10
場所 京都大学化学研究所共同研究棟大セミナー室(宇治市五ヶ庄)
アクセス 京阪黄檗駅あるいはJR黄檗駅からの順路
(駅から徒歩で6分から10分)
連絡先 〒292-0818 木更津市かずさ鎌足2-6-7 かずさDNA研究所
電話 0438-52-3947(柴田 大輔)
主催 京都大学生存圏研究所
内容 各講師には、最新の生物情報科学の手法を具体的に解説していただきますので、すぐに情報科学を利用した研究をスタートすることができます。
参加費 無料
参加申し込み 定員:100名
締切:平成24年02月27日(月)
<タイムスケジュール>
13:00~13:05 開会挨拶
13:05~13:50 バイオテクノロジーに必要とされる情報科学の具体例
柴田 大輔 (かずさDNA研究所、京都大学生存圏研究所)
13:50~14:35 植物遺伝情報データベースの活用方法
矢野 健太郎 (明治大学・農学部)
14:35~15:20 遺伝子機能ネットワークデータベースの活用方法
尾形 善之 (理化学研究所・植物科学研究センター)
15:20~15:30 休憩
15:30~16:15 代謝情報データベースKEGGの活用方法
時松 敏明 (京都大学・化学研究所)
16:15~17:00 メタボロミクス統合データベースの活用方法
金谷 重彦 (奈良先端科学技術大学院大学・情報科学研究科)
17:00~17:05 閉会挨拶
 
   
明治大学・バイオインフォマティクス研究室 Webシステム問い合わせ先:矢野 健太郎管理者 明治大学