Archive for March 2015

業績(国際学会・シンポジウム)

Posted by: kyanobi

国際学会

  1. Saishu Yoshida, Hideaki Yurino, Masaaki Kobayashi, Naoto Nishimura, Naoko Kanno, Kentaro Yano, Shin-ichi Hashimoto, Takako Kato, Yukio Kato Analysis of the differentiation capacity of adult stem/progenitor cells in the parenchymal-niche of the rodent pituitary gland. International Society for Stem Cell Research, Boston, June 14-17, 2017
  2. Yukino Nakamura, Toru Kudo, Shin Terashima, Misa Saito, Eiji Nambara, Kentaro Yano, CATchUP: A Web Database for Spatiotemporally Expressed Genes. PLANT and ANIMAL GENOME XXV, January 14-18, 2017, San Diego, CA, USA.
  3. Toru Kudo, Masaaki Kobayashi, Shin Terashima, Minami Katayama, Misa Saito, Maasa Kanno, Koji Yokoyama, Hajime Ohyanagi, Kentaro Yano, Prediction of Gene Structures Using Public Sequencing Data of RNA-Seq and cDNA in Solanum lycopersicum. PLANT and ANIMAL GENOME XXV, January 14-18, 2017, San Diego, CA, USA.
  4. Kentaro Yano, Shin Terashima, Yukino Nakamura, Maasa Kanno, Misa Saito, Koji Yokoyama, Hajime Ohyanagi, Toru Kudo, Masaaki Kobayashi, A GUI Application ”CA Plot Viewer”: Large-Scale Gene Expression Network Analysis and Web Databases for Crops. PLANT and ANIMAL GENOME XXV, January 14-18, 2017, San Diego, CA, USA.
  5. Masaaki Kobayashi, Hajime Ohyanagi, Hideki Takanashi, Satomi Asano, Toru Kudo, Hiromi Kajiya-Kanegae, Atsushi J. Nagano, Hitoshi Tainaka, Tsuyoshi Tokunaga, Takashi Sazuka, Hiroyoshi Iwata, Nobuhiro Tsutsumi, Kentaro Yano, Heap: A Highly Sensitive and Accurate SNP Calling Tool with Low-Coverage High-Throughput Sequencing Data. PLANT and ANIMAL GENOME XXV, January 14-18, 2017, San Diego, CA, USA.
  6. Tomoaki Hori, Hideki Takanashi, Masaru Fujimoto Hiromi Kajiya-Kanegae, Kiyoshi Yamazaki, Tsuneo Hakoyama, Mai Minamikawa, Atsushi Nagano, Masaaki Kobayashi, Takashi Sazuka, Kentaro Yano, Tsuyoshi Tokunaga, Toru Fujiwara, Nobuhiro Tsutsumi, Hiroyoshi Iwata, Multi-Task Learning for Genomic Prediction Robust to Missing Data in Multi-Environmental Trials. PLANT and ANIMAL GENOME XXV, January 14-18, 2017, San Diego, CA, USA.
  7. Motoyuki Ishimori, Kiyoshi Yamazaki, Hiromi Kajiya-Kanegae, Masaru Fujimoto, Hideki Takanashi, Mai Minamikawa, Tomoaki Hori, Taichi Koshiba, Masaaki Kobayashi, Kentaro Yano, Tsuyoshi Tokunaga, Nobuhiro Tsutsumi, Toru Fujiwara, Hiroyoshi Iwata, Genomic Prediction of the F1 Performance in Sorghum. PLANT and ANIMAL GENOME XXV, January 14-18, 2017, San Diego, CA, USA.
  8. Hideki Takanashi, Hiromi Kajiya-Kanegae, Motoyuki Ishimori, Masaaki Kobayashi, Kentaro Yano, Rie Hijiya, Norikazu Ohnishi, Fiona Wacera, Hiroyoshi Iwata, Wataru Sakamoto, Nobuhiro Tsutsumi, Mapping of QTLs Associated with Awn Length in Sorghum Recombinant Inbred Lines. PLANT and ANIMAL GENOME XXV, January 14-18, 2017, San Diego, CA, USA.
  9. Mitsutoshi Shichijo, Hideki Takanashi, Yuki Sano, Masaru Fujimoto, Hiromi Kajiya-Kanegae, Masaaki Kobayashi, Kentaro Yano, Taichi Koshiba, Tsuyoshi Tokunaga, Hiroyoshi Iwata, Wataru Sakamoto, Nobuhiro Tsutsumi, GWAS and QTL Analysis of Anthocyanin Pigmentation in Sorghum. PLANT and ANIMAL GENOME XXV, January 14-18, 2017, San Diego, CA, USA.
  10. Matt Shenton, Hajime Ohyanagi, Masaaki Kobayashi, Nobuko Ohmido, Dario Copetti, One other tbc, Masahiro Fujita, Atsushi Toyoda, David Kudrna, Rod Wing, Tomoyuki Takano, Shin Terashima, Hiroshi Ikawa, Kentaro Yano, Asao Fujiyama, Hiroyasu Furuumi, Takahiko Kubo, Ken-Ichi Nonomura, Yutaka Sato, Nori Kurata, Sequencing and assembly of a reference genome for Oryza officinalis reveals widespread expansion, disruption and rearrangement in the Oryza C genome. 14th International Symposium on Rice Functional Genomics, September 26-29, 2016, Montpellier, France.
  11. Shin Terashima, Yukino Nakamura, Toru Kudo, Maasa Kanno, Misa Saito, Satomi Asano, Noriko Matsuda-Imai, Koji Yokoyama, Masaaki Kobayashi, Hajime Ohyanagi, Kentaro Yano, Databases PODC and TOMATOMICS: OMICS- and knowledge-based approaches for accurate and rapid identification of novel genes. The 13th Annual Solanaceae Conference, September 12-16, 2016, Davis, CA, USA.
  12. Kentaro Yano, Shin Terashima, Yukino Nakamura, Toru Kudo, Maasa Kanno, Misa Saito, Satomi Asano, Koji Yokoyama, Masaaki Kobayashi, Hajime Ohyanagi, Plant Omics Data Center: An Integrated Web Repository for Interspecies Gene Expression Networks and Knowledge-based Information on Gene Functions. Plant and Animal Genome ASIA 2016, June 6-8, 2016, Singapore
  13. Kentaro Yano, Shin Terashima, Yukino Nakamura, Minami Katayama, Yuno Takaki, Kataru Onosato, Tomoyuki Takano, Yohei Sasak, Maasa Kanno, Misa Saito, Noriko Matsuda, Satomi Asano, Koji Yokoyama, Yoshifumi Tada, Hiroshi Chiba, Hajime Ohyanagi, Toru Kudo, Masaaki Kobayashi, A GUI Application 'CA Plot Viewer' for Large-Scale Gene Expression Analysis and Databases for Gene Expression Networks. International Plant and Animal Genome XXIV, January 9-13, 2016, San Diego, CA, USA.
  14. Toru Kudo, Yohei Sasaki, Shin Terashima, Noriko Matsuda, Tomoyuki Takano, Misa Saito, Maasa Kanno, Keita Suwabe, Go Suzuki, Masao Watanabe, Makoto Matsuoka, Seiji Takayama, Kentaro Yano, Identification of Reference Genes for Quantitative Expression Analysis Using Large-scale RNA-seq Data of Arabidopsis thaliana and Model Crop Plants. International Plant and Animal Genome XXIV, January 9-13, 2016, San Diego, CA, USA.
  15. Shin Terashima, Toru Kudo, Tomoyuki Takano, Maasa Kanno, Misa Saito, Noriko Matsuda, Satomi Asano, Yohei Sasaki, Koji Yokoyama, Hajime Ohyanagi, Kentaro Yano, Plant Omics Data Center: An Integrated Web Repository for Interspecies Gene Expression Networks with NLP-based Curation. International Plant and Animal Genome XXIV, January 9-13, 2016, San Diego, CA, USA.
  16. Masaaki Kobayashi, Kentaro Yano, A Bioinformatics Tool Searching for Genome-Wide SSR Markers by Using High-Throughput Sequencing Data. International Plant and Animal Genome XXIV, January 9-13, 2016, San Diego, CA, USA.
  17. Motoyuki Ishimori, Hiromi Kajiya-Kanegae, Hideki Takanashi, Masaru Fujimoto, Mai Minamikawa, Taichi Koshiba, Masaaki Kobayashi, Kentaro Yano, Tsuyoshi Tokunaga, Nobuhiro Tsutsumi, Hiroyoshi Iwata, Genome-Wide Association Study of Traits Involved in Biofuel Production in Sorghum. International Plant and Animal Genome XXIV, January 9-13, 2016, San Diego, CA, USA.
  18. Kentaro Yano, Shin Terashima, Minami Katayama, Tomoyuki Takano, Toru Kudo, Maasa Kanno, Misa Saito, Noriko Matsuda-Imai, Satomi Asano, Koji Yokoyama, Koh Aoki, Hajime Ohyanagi, Web-databases podc and tomatomics for the seamless integration of large-scale omics and knowledge-based information. The 12th Solanaceae Conference, October 25-29 2015, France, Bordeaux, ENSEIRB conference hall.
  19. Hajime Ohyanagi, Tomoyuki Takano, Shin Terashima, Maasa Kanno, Misa Saito, Noriko Matsuda, Toru Kudo, Satomi Asano, Yohei Sasaki, Soichi Ozaki, Masaaki Kobayashi, Koji Yokoyama, Kentaro Yano, Plant Omics Data Center: An Integrated Web Repository for Interspecies Gene Expression Networks with NLP-based Curation, Plant and Animal Genome ASIA 2015, July 13-15, 2015, SINGAPORE.
  20. Toru Kudo, Tomoyuki Takano, Shin Terashima, Masaaki Kobayashi, Maasa Kanno, Kyoko Morimoto, Hiromi Kanegae, Soichi Ozaki, Yohei Sasaki, Misa Saito, Satomi Asano, Koji Yokoyama, Koichiro Aya, Keita Suwabe, Go Suzuki, Masao Watanabe, Makoto Matsuoka, Hajime Ohyanagi, Kentaro Yano, Data Mining in Plant Omics Data Center Suggests Conserved Gene Expression Networks of Molecular Chaperone and Protein Disulfide Isomerase Genes in Different Organs. International Plant and Animal Genome XXIII, January 10-14, 2015, San Diego, CA, USA.
  21. Tomoki Matsuda, Mai Matsushima, Moe Nabemoto, Masaaki Osaka, Satomi Sakazono, Hiromi Masuko-Suzuki, Mikio Nakazono , Hirokazu Takahashi, Mikio Nakazono,Megumi Iwano, Seiji Takayama,Kentaro K. Shimizu, Kentaro Yano, Go Suzuki, Masao Watanabe, Keita Suwabe, Comparative Transcriptome Analysis Between Pre- and Post-Pollination in Arabidposis thaliana. International Plant and Animal Genome XXIII, January 10-14, 2015, San Diego, CA, USA.
  22. Tomoyuki Takano, Shin Terashima, Hajime Ohyanagi, Maasa Kanno, Yohei Sasaki, Koji Yokoyama, Koichiro Aya, Keita Suwabe, Go Suzuki, Masao Watanabe, Makoto Matsuoka, Kentaro Yano, Plant Omics Data Center (PODC) : The Integrated Web Repository for Intra- and Interspecies Gene Expression Networks. International Plant and Animal Genome XXIII, January 10-14, 2015, San Diego, CA, USA.
  23. Mai Matsushima, Mei Ando, Tomoki Matsuda, Moe Nabemoto, Mikako Sone, Kenichiro Hiroi, Satomi Sakazono, Hiromi Masuko-Suzuki, Kentaro Yano, Go Suzuki, Masao Watanabe, Keita Suwabe, Establishment of Dynamic Imaging of Pollination in Arabidopsis thaliana. International Plant and Animal Genome XXIII, January 10-14, 2015, San Diego, CA, USA.
  24. Masaaki Kobayashi, Hajime Ohyanagi, Hideki Takanashi, Atsushi J. Nagano, Hitoshi Tainaka, Tsuyoshi Tokunaga, Takashi Sazuka, Hiroyoshi Iwata, Nobuhiro Tsutsumi, Kentaro Yano, Heap: A SNPs Detection Tool for NGS Data with Special Reference to GWAS and Genomic Prediction. International Plant and Animal Genome XXIII, January 10-14, 2015, San Diego, CA, USA.
  25. Yohei Sasaki, Kentaro Yano, Hajime Ohyanagi, Tomoyuki Takano, Masaaki Kobayashi, Shin Terashima, Naoki Yamamoto, Masato Otani, Eiji Nambara, A Comprehensive Method and Tool for Identifying Conserved Cis-Element Motifs on the Basis of Large-Scale Gene Expression and Sequence Data. International Plant and Animal Genome XXIII, January 10-14, 2015, San Diego, CA, USA.
  26. Soichi Ozaki, Masaaki Kobayashi, Maasa Kanno, Kyoko Morimoto, Mai Takazawa, Koh Aoki, Hajime Ohyanagi, Kentaro Yano, TOMATOMICS: An Integrated Database for Omics Information in Tomato. International Plant and Animal Genome XXIII, January 10-14, 2015, San Diego, CA, USA.
  27. Kentaro Yano, Tomoyuki Takano, Shin Terashima, Yukino Nakamura, A GUI Application ”CA Plot Viewer” for Large-Scale Gene Expression Analysis with Next-Generation Sequencing Technology. International Plant and Animal Genome XXIII, January 10-14, 2015, San Diego, CA, USA.
  28. Eiji Nambara, Masato Otani, Yohei Sasaki, Kentaro Yano, A Comparative Transcriptome Analysis on Growth Regulation Between Seeds and Buds of Arabidopsis. International Plant and Animal Genome XXIII, January 10-14, 2015, San Diego, CA, USA.
  29. Naoki Yamamoto, Tomoyuki Takano, Shin Terashima, Masaaki Kobayashi, Hajime Ohyanagi, Youhei Sasaki, Maasa Kanno, Kyoko Morimoto, Hiromi Kanegae, Misa Saito, Satomi Asano, Koji Yokoyama, Koichiro Aya, Keita Suwabe, Go Suzuki, Toshio Sugimoto, Takehiro Masumura, Masao Watanabe, Makoto Matsuoka, Kentaro Yano, Plant Omics Data Center (PODC): a knowledge-based transcriptomic database for exploring functional gene modules in plants. GIW / ISCB-Asia 2014, December 15-17, 2014, Tokyo, Japan.
  30. Hajime Ohyanagi, Tomoyuki Takano, Shin Terashima, Masaaki Kobayashi, Maasa Kanno, Kyoko Morimoto, Hiromi Kanegae, Soichi Ozaki, Toru Kudo, Hayato Matsumura, Yohei Sasaki, Misa Saito, Satomi Asano, Koji Yokoyama, Koichiro Aya, Keita Suwabe, Go Suzuki, Koh Aoki, Yasutaka Kubo, Masao Watanabe, Makoto Matsuoka, Kentaro Yano, CA Plot Viewer and Plant Omics Data Center: A GUI-based Tool for Gene Expression Network Construction and an Integrated Web Repository for Interspecies Gene Expression Networks with NLP-based Curation. 12th International Symposium on Rice Functional Genomics, November 16-19, 2014, Tucson, AZ, USA.
  31. Yaichi Kawakatsu, Kaori Kaminoyama, Kaori Igarashi, Hokuto Nakayama, Nakao Kubo, Kentaro Yano, Seisuke Kimura, QTL analysis of leaf morphological traits in Japanese traditional leafy vegetables, Mizuna and Mibuna. 25th International Conference on Arabidopsis Research (ICAR) July28-August1, 2014, Vancouver, British Columbia, Canada.
  32. Kentaro Yano, Tomoyuki Takano, Shin Terashima, Hayato Matsumura, Maasa Kanno, Kyoko Morimoto, Koji Yokoyama, Yuuki Yoshida, Yoshifumi Tada, Hiroshi Chiba, Hajime Ohyanagi, Masaaki Kobayashi, A GUI Application ”CA Plot Viewer” for Large-Scale Gene Expression Analysis with Next-Generation Sequencing Technology. International Plant and Animal Genome XXII, January 10-15, 2014, San Diego, CA, USA.
  33. Hajime Ohyanagi, Masaaki Kobayashi, Tomoyuki Takano, Shin Terashima, Hayato Matsumura, Hiromi Toyoshima, Kyoko Morimoto, Maasa Kanno, Yohei Sasaki, Takayuki Suzuki, Koji Yokoyama, Kentaro Yano, Plant Omics Data Center: The Integrated Web Repository for Intra- and Interspecies Gene Expression Networks. International Plant and Animal Genome XXII, January 10-15, 2014, San Diego, CA, USA.
  34. Masaaki Kobayashi, Hajime Ohyanagi, Hiromi Toyoshima, Tomoyuki Takano, Hideki Takanashi, Atsushi J. Nagano, Hitoshi Tainaka, Tsuyoshi Tokunaga, Takashi Sazuka, Hiroshi Iwata, Nobuhiro Tsutsumi, Kentaro Yano, Development of a Bioinformatics Pipeline for Detection of Genome-Wide SNPs. International Plant and Animal Genome XXII, January 10-15, 2014, San Diego, CA, USA.
  35. Masaaki Osaka, Tomoki Matsuda, Satomi Sakazono, Hiromi Masuko-Suzuki, Shunsuke Maeda, Misato Sewaki, Mikako Sone, Hirokazu Takahashi, Mikio Nakazono, Megumi Iwano, Seiji Takayama, Kentaro K. Shimizu, Kentaro Yano, Yong Pyo Lim, Go Suzuki, Keita Suwabe, Masao Watanabe, Cell Type-Specific Transcriptome of Cruciferous Stigmatic Papilla Cells from a Combination of Laser Microdissection and RNA Sequencing. International Plant and Animal Genome XXII, January 10-15, 2014, San Diego, CA, USA.
  36. Kentaro Yano, Hiroko Tsuchida, Taiki Kuchiki, Koji Yokoyama, Yuuki Yoshida, Kayoko Kikue, Hiroshi Chiba, Yoshifumi Tada, Akifumi Shimizu, A Gene Discovery Method from Large-Scale Gene Expression Data with Next-Generation Sequencing Technology. International Plant and Animal Genome XXI, January 12-16, 2013, San Diego, CA, USA.
  37. Shunsuke Maeda, Satomi Sakazono, Kentaro Yano, Kaori Yamamura, Hiromi Masuko-Suzuki, Tomoaki Fujioka, Kuniaki Nagano, Takashi Endo, Kenichi Saeki, Amane Makino, Ryohei Terauchi, Go Suzuki, Keita Suwabe, Masao Watanabe, High-Throughput Sequencing of Small RNAs and Comparative Analysis Between Two Rice Cultivars Different of Cool Temperature Stress Tolerance. International Plant and Animal Genome XXI, January 12-16, 2013, San Diego, CA, USA.
  38. Kohei Mishina, Yoko Kamiya, Kanako Kawaura, Keiichi Mochida, Kaori Igarashi, Kentaro Yano, Hiroshi Tarui, Naoko Suzuki, Jun Kawai, Yasunari Ogihara, Construction of Comprehensive Reference Transcripts from Three Homoeologous Genomes in Common Wheat. International Plant and Animal Genome XXI, January 12-16, 2013, San Diego, CA, USA.
  39. Kazuki Hamada, Kai Fukazawa, Taishi Nagayama, Koji Yokoyama, Hiroko Tsuchida, Kaori Igarashi, Keita Suwabe, Masao Watanabe, Makoto Matsuoka, Nori Kurata, Kentaro Yano, OryzaExpress : An integrated database for gene expression networks in rice. International Plant & Animal Genome XX, January 14-18, 2012, San Diego, CA, USA.
  40. Kaori Igarashi, Reina Abe, Taishi Nagayama, Hiroshi Chiba, Yoshifumi Tada, Kentaro Yano, A new statistical method for gene discovery from large-scale gene expression data with next-generation sequencing technology. International Plant & Animal Genome XX, January 14-18, 2012, San Diego, CA, USA.
  41. Hiroko Tsuchida, Taishi Nagayama, Kei Fujita, Taiki Kuchiki, Kazuki Hamada, Koji Yokoyama, Kaori Igarashi, Koh Aoki, Kentaro Yano, Large-scale omics analysis and database construction in tomato. International Plant & Animal Genome XX, January 14-18, 2012, San Diego, CA, USA.
  42. Tomoaki Fujioka, Kazuki Hamada, Kohei Hongo, Kentaro Yano, Hiromi Masuko-Suzuki, Kaori Yamamura, Amane Makino, Tadahiko Mae, Keita Suwabe, Go Suzuki, Masao Watanabe, NGS transcriptome of small RNAs in rice male gametophyte development. International Plant & Animal Genome XX, January 14-18, 2012, San Diego, CA, USA.
  43. Tsuyoshi Habu, Hisayo Yamane, Ryuta Sasaki, Naoki Yamamoto, Ayako Suzuki, Kentaro Yano, Hiroshi Fujii, Tokurou Shimizu, Toshiya Yamamoto, Ryutaro Tao, Custom oligo DNA microarray analysis for transcript profiling of dormant buds of Japanese apricot (Prunus mume). International Plant & Animal Genome XX, January 14-18, 2012, San Diego, CA, USA.
  44. Kazuki Hamada, Kai Fukazawa, Akifumi Simizu, Kyoko Yamane, Taishi Nagayama, Reina Abe, Hiroko Tsuchida, Hiroshi Chiba, Yoshifumi Tada, Keita Suwabe, Nori Kurata, Kentaro Yano, A new method of gene expression network analysis - a statistical methodology for large-scale expression data. 8th Solanaceae and 2nd Cucurbitaceae Genome Joint Conference (SOL & ICuGI 2011), November 28-December 2, 2011, Kobe, Japan.
  45. Taishi Nagayama, Hiroko Tsuchida, Kei Fujita, Taiki Kuchiki, Kazuki Hamada, Koji Yokoyama, Kaori Igarashi, Koh Aoki, Kentaro Yano, Large-scale omics analysis and database construction in tomato. 8th Solanaceae and 2nd Cucurbitaceae Genome Joint Conference (SOL & ICuGI 2011), November 28-December 2, 2011, Kobe, Japan.
  46. Kaori Igarashi, Reina Abe, Taishi Nagayama, Hiroshi Chiba, Yoshifumi Tada, Kentaro Yano, A new statistical method for gene discovery from large-scale gene expression data with next-generation sequencing technology. 8th Solanaceae and 2nd Cucurbitaceae Genome Joint Conference (SOL & ICuGI 2011), November 28-December 2, 2011, Kobe, Japan.
  47. Tomoaki Fujioka, Kazuki Hamada, Kohei Hongo, Kentaro Yano, Keita Suwabe, Go Suzuki, Masao Watanabe, NGS transcriptome of small RNAs in rice male gametophyte development. 8th Solanaceae and 2nd Cucurbitaceae Genome Joint Conference (SOL & ICuGI 2011), November 28-December 2, 2011, Kobe, Japan.
  48. Atsushi Higashitani, Tadashi Sakata, Takeshi Oshino, Kentaro Yano, Masao Watanabe, Plant hormones and male sterility in cereal crops caused by temperature stress. IBC2011, July 23-30, 2011, Melbourne, Australia.
  49. Kazuki Hamada, Naoki Yamamoto, Takako Mochizuki, Keita Suwabe, Nori Kurata, Kentaro Yano, Gene Expression Network Construction In Rice. Plant and Animal Genomes XVIII Conference, January 9-13, 2010, San Diego, CA, USA.
  50. Ayako Suzuki, Yukiko Ogawa, Koh Aoki, Daisuke Shibata, Kentaro Yano, MiBASE And KaFTom : Databases Of Transcriptome And Full-Length cDNAs Of Tomato. Plant and Animal Genomes XVII Conference, January 10-14, 2009, San Diego, CA, USA.
  51. Tomoaki Fujioka, Keita Suwabe, Kentaro Yano, Fumi Kaneko, Yukiko Ogawa, Hirotaka Kato, Ayako Suzuki, Amane Makino, Tadahiko Mae, Makoto Endo, Makiko Kawagishi, Go Suzuki, Masao Watanabe, A Comprehensive Analysis Of Small RNAs In Rice Male Reproductive Organs. Plant and Animal Genomes XVII Conference, January 10-14, 2009, San Diego, CA, USA.
  52. Keita Suwabe, Go Suzuki, Mikio Nakazono, Kentaro Yano, Tokunori Hobo, Koichiro Aya, Hiromi Masuko, Masumi Miyano, Tomoaki Fujioka, Fumi Kaneko, Nobuhiro Tsutsumi, Nori Kurata, Makoto Matsuoka, Masao Watanabe, Separated Transcriptomes Of Male Gametophyte And Tapetum In Rice : Validity Of A Laser Microdissection (LM) Microarray. Plant and Animal Genomes XVII Conference, January 10-14, 2009, San Diego, CA, USA.
  53. Fumi Kaneko, Keita Suwabe, Kentaro Yano, Tomoaki Fujioka, Jong-In Park, Shunsuke Kikuchi, Kazuki Hamada, Makoto Endo, Kuniaki Nagano, Yoshiaki Nagamura, Makiko Kawagishi-Kobayashi, Go Suzuki, Masao Watanabe, Morphological And Gene Expression Analysis Of Rice Anther Development Under Low Temperature Condition. Plant and Animal Genomes XVII Conference, January 10-14, 2009, San Diego, CA, USA.
  54. Kentaro Yano, Akifumi Shimizu, Kazuhide Imai, Takao Hanashita, A New Method For Gene Discovery In Large-Scale Gene Expression Data. Plant and Animal Genomes XVI Conference, January 12-16, 2008, San Diego, CA, USA.
  55. Kentaro Yano, Manabu Watanabe, Naoki Yamamoto, Fumi Maeda, Taneaki Tsugane, Koh Aoki, Daisuke Shibata, MiBASE : A Database of the Miniature Tomato Cultivar Micro-Tom. 10th International Congress of The Society for the Advancement of Breeding Researches in Asia and Oceania, August 22-23, 2005, Tsukuba, Japan.
  56. Kentaro Yano, Yukiko Yamazaki, Yuji Kohara, Kazuhiro Sato, Kazuyoshi Takeda, Gene expression profile in barley cDNA libraries. Plant and Animal Genomes XI Conference, January 11-15, 2003, San Diego, CA, USA.
  57. Manabu Sugimoto, Kentaro Yano, Nami Nankaku, Daisuke Saisho, Kazuhiro Sato, Kazuyoshi Takeda, Expressed Sequence TAG (EST) Analysis of the root cDNA library from salt-tolerant barley under salt stress. Plant and Animal Genomes XI Conference, January 11-15, 2003, San Diego, CA, USA.
  58. Kazuhiro Sato, Kentaro Yano, Yamazaki Yukiko, Kazuyoshi Takeda, Construction of Full Length-enriched cDNA Library in Barley. Plant and Animal Genomes XI Conference, January 11-15, 2003, San Diego, CA, USA.

国際シンポジウム

  1. Hiroyuki Itamura, Akira Nakatsuka, Ningjing Sun, Tomoya Esumi, Ayako Yamada, Kentaro Yano, Tsuyoshi Nakagawa (2012) Effect of ascorbate on the prolonging shelf life of persimmon (Diospyros kaki Thunb.) fruit. Southeast Asia Symposium on Quality Management in Postharvest Systems, February 21-24, 2012, Bangkok, Thailand.
  2. Shingo Kawamura, Kazuki Hamada, Ayako Suzuki, Hirofumi Otsuka, Koji Yokoyama, Naoki Yamamoto, Kunihiro Suda, Atsushi Kurabayashi, Tatsuya Suzuki, Kazuhide Ooga, Takanori Narita, Tadasu Shin-i, Yuji Kohara, Daisuke Shibata, Koh Aoki, Kentaro Yano (2010) KaFTom : A Database for Full‐length cDNA and Genome Structures in Tomato. 7th Solanaceae conference, September 5-9, 2010, Dundee, Scotland.
  3. Koh Aoki, Soichi Ozaki, Yoshiyuki Ogata, Nozomu Sakurai, Daisuke Shibata, Kazuki Hamada, Kentaro Yano (2010) Coexpression analysis of tomato genes : sense and antisense transcripts. 7th Solanaceae conference, September 5-9, 2010, Dundee, Scotland.
  4. Takayuki Ohnishi, Hideki Takanashi, Mirai Mogi, Hideki Takahashi, Shunsuke Kikuchi, Kentaro Yano, Takashi Okamoto, Masahiro Fujita, Nori Kurata, Nobuhiro Tsutsumi (2010) Unique expression profiles of the rice egg and synergid cell revealed by cell type-specific microarrays. International Symposium of Cell-Cell Communiction in Plant Reproduction, Nara Prefectural New Public Hall, March 11-12, 2010, Nara, Japan.
  5. Kazuki Hamada, Naoki Yamamoto, Takako Mochizuki, Keita Suwabe, Nori Kurata, Kentaro Yano (2010) Database construction of gene expression networks in rice. International Symposium of Cell-Cell Communiction in Plant Reproduction, Nara Prefectural New Public Hall, March 11-12, 2010, Nara, Japan.
  6. Susumu Oda, Keita Suwabe, Fumi Kaneko, Kentaro Yano, Tomoaki Fujioka, Jong-In Park, Shunsuke Kikuchi, Kazuki Hamada, Makoto Endo, Kuniaki Nagano, Yoshiaki Nagamura, Makiko Kawagishi, Go Suzuki, Masao Watanabe (2010) Morphological and molecular basis of low temperature tolerance in rice anther development. International Symposium of Cell-Cell Communiction in Plant Reproduction, Nara Prefectural New Public Hall, March 11-12, 2010, Nara, Japan.
  7. Tomoaki Fujioka, Keita Suwabe, Kentaro Yano, Fumi Kaneko, Susumu Oda, Ryosuke Suzuki, Ayako Suzuki, Kazuki Hamada, Kohei Hongo, Amane Makino, Tadahiro Mae, Makoto Endo, Makiko Kawagishi, Go Suzuki, Masao Watanabe (2010) A comprehensive analysis of small RNA in rice male reproductive organs. International Symposium of Cell-Cell Communiction in Plant Reproduction, Nara Prefectural New Public Hall, March 11-12, 2010, Nara, Japan.
  8. Sota Fujii, Mari Yamada, Masahiro Fujita, Etsuko Itabashi, Kazuki Hamada, Kentaro Yano, Nori Kurata, Kinya Toriyama (2010) Cytoplasmic-nuclear genomic barriers in pollen development revealed by comparison of global gene expression profiles among five independent cytoplasmic male sterile lines of rice. International Symposium of Cell-Cell Communiction in Plant Reproduction, Nara Prefectural New Public Hall, March 11-12, 2010, Nara, Japan.
  9. Tohru Ariizumi, Erika Asamizu, Takashi Saito, Tsuyoshi Mizoguchi, Naoya Fukuda, Chiaki Matsukura, Atsushi Kurobayashi, Kunihiro Suda, Ayako Suzuki, Kentaro Yano, Koh Aoki, Hiroshi Ezura (2009) Development of Genetic Tools for Functional Genomics of Tomato Mutants. The Sixth Solanaceae Genome Workshop, November 8-13, 2009, New Delhi, India.
  10. Koh Aoki, Kentaro Yano, Atsushi Kurabayashi, Kunihiro Suda, Ayako Suzuki, Kazuhide Ooga, Maiko Torii, Hiroshi Ezura, Daisuke Shibata (2009) Micro-Tom Functional Genomeics Resources: Full-Length cDNA Clones and Sequence Information. The 5th JSOL Tomato Workshop, March 11, 2009, Tsu, Japan.
  11. Kentaro Yano, Akifumi Shimizu, Kazuhide Imai, Takao Hanashita (2008) A new method fpr gene discovery in large-scale expression data. Genome-Wide Omics Analysis in Plant Science, October 20-23, 2008, Tsukuba, Japan.
  12. Ayako Suzuki, Koh Aoki, Daisuke Shibata, Kentaro Yano (2008) MiBASE and KaFTom : Databases of Transcriptome and Full-length cDNAs of Tomato. Genome-Wide Omics Analysis in Plant Science, October 20-23, 2008, Tsukuba, Japan.
  13. Kazuki Hamada, Shunsuke Kikuchi, Takako Mochizuki, Nori Kurata, Kentaro Yano (2008) OryzaExpress : A Database of Integrated Documentation Resources and Transcriptome Data of Rice. Genome-Wide Omics Analysis in Plant Science, October 20-23, 2008, Tsukuba, Japan.
  14. Koh Aoki, Kentaro Yano, Yoko Iijima, Nozomu Sakurai, Kunihiro Suda, Atsushi Kurabayashi, Erika Asamizu, Tsuyoshi Mizoguchi, Naoya Fukuda, Shinobu Satoh, Hiroshi Ezura, Daisuke Shibata (2008) Micro-Tom Functional Genomics Resources: from full-length cDNA to metabolite database. SOL2008, October 12-16, 2008, Cologne, Germany.
  15. Koh Aoki, Kentaro Yano, Kunihiro Suda, Tatsuya Suzuki, Taneaki Tsugane, Hideki Takahashi, Tsutomu Arie, Yuichiro Watanabe, Motoichiro Kodama, Yuki Ichinose, Shinobu Sato, Hiroshi Ezura, Takanori Narita, Tadasu Shin-I, Yuji Kohara, Daisuke Shibata (2007) Micro-Tom full-length cDNAs: Current status and expression analysis toward functional characterization pf genes unique to tomato. The 4th JSOL Tomato Workshop, December 15-16, 2007, Shizuoka, Japan.
  16. Koh Aoki, Yoko Iijima, Kentaro Yano, Yukiko Nakamura, Yoshiyuki Ogata, Nozomu Sakurai, Takanori Narita, Tadasu Shin-I, Tuyoshi Mizoguchi, Hiroshi Ezura, Yuji Kohara, Daisuke Shibata (2006) Resources of full-length cDNA and metabolite information for tomato functional genomics. PAA/Solanaceae 2006 Genomics Meets Biodiversity, July23-27, 2006, Madison, WI, USA.
  17. Kentaro Yano, Manabu Watanabe, Naoki Yamamoto, Fumi Maeda, Taneaki Tsugane, Koh Aoki, Daisuke Shibata (2005) A Database of Miniature Tomato Micro-Tom. 2nd Solanaceae Genome Workshop, September 25-29, 2005, Ischia, Italy.
  18. Daisuke Shibata, Yoko Iijima, Fumi Maeda, Kentaro Yano, Manabu Watanabe, Taneaki Tsugane, Tatsuya Suzuki, Akira Oikawa, Daisaku Ohta, Hideyuki Suzuki, Nozomi Sakurai, Koh Aoki (2005) Tomato omics approaches. 2nd Solanaceae Genome Workshop, September 25-29, 2005, Ischia, Italy.
  19. Koh Aoki, Taneaki Tsugane, Manabu Watanabe, Tatsuya Suzuki, Kunihiro Suda, Kentaro Yano, Nozomu Sakurai, Hideyuki Suzuki, Daisuke Shibata (2005) Sequencing of MICRO-TOM Full-Length cDNA. 2nd Solanaceae Genome Workshop, September 25-29, 2005, Ischia, Italy.
  20. Akira Oikawa, Tomomi Morikawa, Kentaro Yano, Nozomu Sakurai, Hideyuki Suzuki, Kazuki Saito, Daisuke Shibata, Daisaku Ohta (2004) Metabolic profiling approach for plant P450 monooxygenase studies using Fourier-Transform Mass Spectrometry. The 7th International Symposium on Cytochrome P450 Biodiversity and Biotechnology, August 1-5, 2004, Hyogo, Japan.
  21. 杉本学, 矢野健太郎, 南角奈美, 最相大輔, 佐藤和広, 武田和義 (2003) 塩ストレス条件下における塩抵抗性オオムギ根cDNAのEST解析による特異的発現遺伝子の解明. 科学技術振興事業団 「植物の機能と制御」 第1回公開シンポジウム, 2003年10月, 東京

業績(国内講演・世話人など)

Posted by: kyanobi

講演活動

  1. 第58回日本植物生理学会年会シンポジウム, 「NGS 解析相談会」(2017), 中村幸乃, 工藤徹, 小林正明, 有泉亨, 櫻井哲也, 中村保一, 矢野健太郎, 鹿児島大学, 2017年3月16日-18日
  2. 日本育種学会130回講演会 第58回シンポジウム, 「データベース講習会」, 矢野健太郎, 鳥取大学, 2016年9月24日
  3. 第34回日本植物細胞分子生物学会(上田)大会 市民公開シンポジウム, 「バイオインフォマティクス講習会IV」(2016), 矢野健太郎, 信州大学, 2016年9月1日
  4. 日本育種学会・第128回講演会 第57回シンポジウム (シンポジウム・ワークショップ), 「Perl講習会 Be happy with your Perl scripts」, 矢野健太郎, 新潟大学, 2015年9月11日
  5. 日本植物学会・第79回大会 シンポジウム 「Diverse physiological functions of plant non-coding RNA」, 「Analysis of gene expression changes in two Arabidopsis accessions and their reciprocal hybrids」, Hiroshi Shiba, Takuya Shimura, Yutaka Taono, Takashi Yamaguchi, Yutaka Suzuki, Kentaro Yano, Akira Isogai, Seiji Takayama, 朱鷺メッセ, 2015年9月6-8日
  6. 第33回日本植物細胞分子生物学会(東京)大会 シンポジウム3 「バイオインフォマティクス講習会3」, 「Perlプログラミングレッスン(初級編)」, 矢野健太郎, 東京大学農学部, 2015年8月12日
  7. 第56回日本植物生理学会年会 関連集会 「データベース講習会」, 「植物オミックス統合データベース Plant Omics Data Center : 遺伝子発現ネットワーク情報と高精度機能アノテーション情報の蓄積情報」, 大柳一, 矢野健太郎, 東京農業大学, 2015年3月16日
  8. 日本育種学会 第126回講演会 ワークショップW04 「遺伝研スパコンとコマンドラインでのNGSデータ使い倒し講座」, 「Linuxマシン使用法」, 矢野健太郎, 南九州大学, 2014年9月26-27日
  9. 第32回日本植物細胞分子生物学会大会 シンポジウム3 「バイオインフォマティクス講習会II(2014)」, 「相同性解析と高速シーケンサー配列解析の実行方法」, 矢野健太郎, 大柳一, 小林正明, アイーナ, 2014年8月22日
  10. 東京大学大学院生命科学研究科アグリインフォマティクス教育研究ユニット 第133回セミナー, 「大規模オミックス解析とデータベース構築」, 矢野健太郎, 東京大学, 2013年12月6日
  11. 日本育種学会 第124回講演会 ワークショプW08, 「植物育種のためのオミックス・データ解析入門」, 「研究室でできるバイオインフォマティクスの導入から解析まで」, 矢野健太郎, 鹿児島大学, 2013年10月12日
  12. 第31回日本植物細胞分子生物学会大会 シンポジウム3 「バイオインフォマティクス講習会」, 「大規模オミックス情報に基づく遺伝子探索手法」, 矢野健太郎, 北海道大学, 2013年9月12日
  13. 明治大学・科学技術研究所シンポジウム 「大規模オミックス情報解析がもたらす生命科学の新たな展開」, 「大規模オミックス解析とデータベース構築」, 矢野健太郎, 明治大学, 2013年9月2日
  14. 日本育種学会 第122回講演会 ワークショップW06 「育種のための情報解析ツール使い倒し塾」, 「大規模遺伝子発現情報からの遺伝子探索手法」, 矢野健太郎, 京都産業大学, 2012年9月14日
  15. 日本育種学会 第122回講演会 ワークショップW05 「次世代の遺伝学と育種 (育種学と農学のこれからを考える24, 若手の会主催ワークショップ)」, 「次世代育種に向けた取り組み-高速DNAシーケンシングとデータ解析の遺伝学-」, 大柳一, 永田俊文, 久保貴彦, 津田勝利, 藤田雅丈, 竹下紗由美, 瓦間淳子, 長崎英樹, 望月孝子, 神沼英里, 中村保一, 五十嵐香理, 矢野健太郎, 会津智幸, 豊田敦, 藤山秋佐夫, 倉田のり, 京都産業大学, 2012年9月14日
  16. 日本育種学会 第122回講演会 シンポジウムI 「エピミュータジェネシスと次世代育種への展開」, 「オミクス解析で明らかとなってきた種内雑種特異的な遺伝子発現制御」, 柴博史, 日野沙由理, 桂奈津美, 五十嵐香理, 藤橋大祐, 堀内栄実, 鈴木穣, 矢野健太郎, 磯貝彰, 高山誠司, 京都産業大学, 2012年9月14日
  17. 筑波大学遺伝子実験センター・形質転換植物デザイン研究拠点研究セミナー, 「新規有用遺伝子探索に向けた大規模オミックス情報の活用法」, 矢野健太郎, 筑波大学遺伝子実験センター, 2012年3月13日
  18. 東京大学大学院生命科学研究科アグリインフォマティクス教育研究ユニット 第86回セミナー, 「植物オミックスデータの大規模解析とデータベース」, 矢野健太郎, 東京大学農学部, 2011年10月26日
  19. 日本育種学会 第120回講演会 グループ研究集会2 「大規模な実験データとオンライン情報は必要か? Breeding Informatics 研究 X」, 「育種における大規模情報の活用法 -高速シーケンサーとデータベースの視点から-」, 矢野健太郎, 福井県立大学, 2011年9月24日
  20. 日本育種学会 第119回講演会 グループ研究集会4 「育種にインフォマティクスは必要か? Breeding Informatics 研究 IX」, 「育種におけるオンライン情報の活用法 -高速シーケンサーとマイクロアレイの視点から-」, 矢野健太郎, 横浜市立大学, 2011年3月30日
  21. 日本植物生理学会 第52回年会 植物生理学会サテライト 「植物バイオインフォマティクス研究会」, 「情報使い倒し概論」, 矢野健太郎, 東北大学, 2011年3月19日
  22. 日本植物生理学会 第52回年会 植物生理学会サテライト 「植物バイオインフォマティクス研究会」, 「あなたのデータを解析します by Dry研究者 : アレイ解析, 共発現解析, シス配列解析, 立体構造解析」, 山本義治, 大林武, 矢野健太郎, 木下賢吾, 東北大学, 2011年3月19日
  23. 東京大学大学院生命科学研究科アグリインフォマティクス教育研究ユニット 第74回セミナー, 「植物オミックスデータの大規模解析と主要データベース」, 矢野健太郎, 東京大学農学部, 2010年12月14日
  24. 日本育種学会 第118回講演会 グループ研究集会2 「習うより慣れろ!パソコン実習 -Breeding Informatics 研究 VIII-」, 「Perlで楽はできないか」, 矢野健太郎, 秋田県立大学, 2010年9月25日
  25. NIASシンポジウムイネ遺伝学・分子生物学ワークショップ2010, 「イネ雌性配偶体構成細胞における遺伝子発現プロファイリング」, 高梨秀樹, 大西孝幸, 茂木美来, 菊地俊介, 矢野健太郎, 岡本龍史, 藤田雅丈, 倉田のり, 堤伸浩, つくば国際会議場エポカル, 2010年7月3日
  26. 第51回日本植物生理学会年会 シンポジウム1 「第7回 データベース講習会」, 「遺伝子発現データと機能アノテーションの活用法」, 濱田和輝, 鈴木絢子, 矢野健太郎, 熊本大学, 2010年3月18日
  27. イノベーション・ジャパン2009 - 大学見本市, 「大規模な遺伝子発現情報に基づく遺伝子発見」, 矢野健太郎, 東京国際フォーラム, 2009年9月17日
  28. 第50回日本植物生理学会年会 関連集会 「第6回 データベース講習会」, 「PubMed, 配列, トランスクリプトーム情報の利用法」, 矢野健太郎, 名古屋大学, 2009年3月22日
  29. 近畿作物・育種研究会 第166 回例会講演 「ダイズゲノムデータベースを利用した転移因子の探索」, 伊藤洋介, 寺石政義, 矢野健太郎, 奥本裕, 谷坂隆俊, 中﨑鉄也, 北島宣, 神戸大学農学部, 2008年12月13日
  30. 日本育種学会 第114回講演会 シンポジウムIII 「植物育種におけるオミックス情報の利用と展望」, 「遺伝子発現データを利用した遺伝子探索手法」, 矢野健太郎, 清水顕史, 滋賀県立大学, 2008年10月12日
  31. 明治大学・科学技術研究所ワークショップ 「大規模オミックス・データの利用と展望」, 「オミックス・データ解析とWebDB」, 矢野健太郎, 明治大学農学部, 2008年9月8日
  32. 第26回日本植物細胞分子生物学会大会 シンポジウム4 「農作物とモデル植物におけるオミックス情報の利用と展望」, 「トランスクリプトーム情報からの遺伝子発見手法」, 矢野健太郎, 清水顕史, 大阪大学, 2008年9月2日
  33. 第26回日本植物細胞分子生物学会大会 「植物データベース講習会」, 「農作物とモデル植物のトランスクリプトーム・データ ベース」, 矢野健太郎, 大阪大学, 2008年9月2日
  34. 第49回日本植物生理学会年会 「第5回 データベース講習会」, 「MiBASEおよびKaFTom : トマトのトランスクリプトームと完全長cDNAのデータベース」, 「OryzaExpress : イネのゲノム・アノテーションと遺伝子発現の統合データベース」, 矢野健太郎, 札幌コンベンションセンター, 2008年3月20日
  35. ワークショップ 「オミックスワールドの全貌 ~ゲノミクスからメタボロミクスまで~」, 「オミックス・データベースの現状」, 矢野健太郎, 奈良先端科学技術大学院大学, 2007年9月
  36. 日本バイオインフォマティクス学会, 第2回機能ゲノミクス研究会, 「トランスクリプトーム解析」, 矢野健太郎, 東京大学 弥生講堂, 2007年4月12日
  37. 第48回日本植物生理学会年会 「第4回 データベース講習会」, 「マイクロトムcDNAリソース・データベース -完全長cDNAデータベースKaFTomとESTデータベースMiBASE-」, 矢野健太郎, 愛媛大学, 2007年3月28日
  38. アグリバイオインフォマティクス 第3回 シンポジウム (東京大学創立130周年記念シンポジウム), 「バイオインフォマティクスを利用したアグリバイオの新たな展開」, 矢野健太郎, 東京大学, 2007年3月
  39. 第3回植物データベース講習会, 「シロイヌナズナ遺伝子情報サイトの統合データベースKATANAとトマトデータベースMiBASE」, 矢野健太郎, 筑波大学, 2006年3月
  40. 第2回トマトワークショップ, 「Micro-Tomデータベースについて」, 矢野健太郎, かずさDNA研究所, 2005年12月
  41. 日本育種学会 第106回講演会 グループ研究集会I, 「植物育種のためのバイオインフォマティクスの利用と展望」, 矢野健太郎, 三重大学, 2005年9月
  42. 第46回日本植物生理学会年会 「第2回 データベース講習会」, 「主要なシロイヌナズナ遺伝子情報サイトを統合したデータベースKATANA (Kazusa Arabidopsis thaliana Annotation Abstract)」, 矢野健太郎, 新潟コンベンションセンター, 2005年3月26日
  43. 第46回日本植物生理学会年会 「第2回 データベース講習会」, 「矮性トマトMicro-Tomに関するデータベースMiBASE」, 矢野健太郎, 新潟コンベンションセンター, 2005年3月26日
  44. 東京大学農学部データベース講習会, 「シロイヌナズナ遺伝子情報統合データベースKATANA (Kazusa Arabidopsis thaliana Annotation Abstract)」, 矢野健太郎, 東京大学農学部, 2005年3月
  45. 東京大学農学部データベース講習会, 「矮性トマトMicro-TomデータベースMiBASE」, 矢野健太郎, 東京大学農学部, 2005年3月

オーガナイザー・世話人

  1. 第35回日本植物細胞分子生物学会(さいたま)大会 シンポジウム2, バイオインフォマティクス講習会Ⅴ オーガナイザー: 矢野健太郎 (明治大学), 中村保一 (国立遺伝学研究所), 大宮ソニックシティ、2017年8月26~28日
  2. Plant Omics Workshop Organizer: Kentaro Yano, Yasukazu Nakamura, Hajime Ohyanagi, The PAG Asia Conference 2017, May 29-31, 2017, Conrad Seoul, South Korea.
  3. 第58回日本植物生理学会年会, データベース講習会 世話人:有泉亨(筑波大) , 櫻井哲也(高知大), 中村保一(国立遺伝研), 矢野健太郎(明治大), 鹿児島大学, 2017年3月16日-18日
  4. 第13回 日本ナス科コンソーシアム年会 (JSOL 2016), 世話人: 矢野健太郎 (明治大学), 国際基督教大学, 2016年11月25日
  5. 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 合同シンポジウム, 「動物生殖内分泌組織の機能制御と高度環境適応植物のデザインのための研究戦略」, 世話人: 矢野健太郎 (明治大学), 明治大学, 2016年11月5日
  6. 日本育種学会・第130回講演会 第58回シンポジウム (シンポジウム・ワークショップ), 「データベース講習会」 主任: 矢野健太郎 (明治大学), 鳥取大学, 2016年9月24日
  7. 第34回日本植物細胞分子生物学会(上田)大会, 「シンポジウム3 バイオインフォマティクス講習会IV (2016)」, 世話人: 矢野健太郎 (明治大学), 信州大学繊維学部(上田キャンパス), 2016年9月1日
  8. 日本育種学会 第129回講演会 グループ研究集会, 「ゲノミックセレクションの社会実装について考える? Breeding Informatics XIV-」 世話人: 矢野健太郎 (明治大学), 岩田洋佳 (東京大学), 横浜市立大学, 2016年3月22日
  9. 第57回日本植物生理学会年会, 「データベース講習会」 世話人: 矢野健太郎 (明治大学), 工藤徹 (明治大学), 小林正明 (明治大学), 岩手大学, 2016年3月18日-20日
  10. 日本育種学会・第128回講演会 第57回シンポジウム (シンポジウム・ワークショップ), 「Perl講習会 Be happy with your Perl scripts」 主任: 矢野健太郎 (明治大学), 門田有希 (岡山大学 大学院), 望月孝子 (国立遺伝学研究所), 新潟大学, 2015年9月11日
  11. 第12回 日本ナス科コンソーシアム年会 (JSOL 2015), 開催委員長 : 矢野健太郎 (明治大学), 明治大学生田キャンパス, 2015年9月4-5日
  12. 第33回日本植物細胞分子生物学会(東京)大会 シンポジウム3, 「バイオインフォマティクス講習会3」 オーガナイザー: 矢野健太郎 (明治大学), 中村保一 (国立遺伝学研究所), 門田有希 (岡山大学 大学院), 小林正明 (明治大学), 工藤徹 (明治大学), 東京大学農学部, 2015年8月12日
  13. 日本育種学会 第127回講演会 グループ研究集会, 「エピジェネ情報使い倒し講座 -Breeding Infomatics 研究XIII-」 世話人 : 矢野健太郎 (明治大学), 岩田洋佳 (東京大学), 玉川大学, 2015年3月22日
  14. 第56回日本植物生理学会年会 関連集会, 「データベース講習会」 世話人 : 矢野健太郎 (明治大学), 大柳一 (国立遺伝学研究所), 小林正明 (明治大学), 東京農業大学, 2015年3月16日
  15. 日本育種学会 第126回講演会 ワークショップ 「遺伝研スパコンとコマンドラインでのNGSデータ使い倒し講座」 オーガナイザー: 神山英里 (国立遺伝学研究所), 門田有希 (岡山大学大学院), 矢野健太郎 (明治大学), 南九州大学, 2014年9月26日
  16. 第32回日本植物細胞分子生物学会(盛岡)大会 シンポジウム 「バイオインフォマティクス講習会II(2014)」 オーガナイザー: 矢野健太郎 (明治大学), 大柳一 (明治大学), 小林正明 (明治大学), アイーナ, 2014年8月22日
  17. 日本育種学会 第125回講演会 グループ研究集会4 「NGS使い倒し講座 - Breeding Informatics研究 XII」 世話人: 矢野健太郎 (明治大学), 岩田洋佳(東京大学), 東北大学, 2014年3月22日
  18. 第55回日本植物生理学会年会 シンポジウム5 「データベース講習会」 オーガナイザー: 安益公一郎 (名大・生物機能研究センター,タカラバイオ(株)), 小林正明 (明治大学,JST, CREST), 大柳一 (明治大学,JST, CREST), 矢野健太郎 (明治大学,JST, CREST), 富山大学, 2014年3月18日
  19. 日本育種学会 第124回講演会 ワークショップ 「植物育種のためのオミックス・データ解析入門」 オーガナイザー: 矢野健太郎 (明治大学), 岩田洋佳 (東大・院農学生命科学), 鹿児島大学, 2013年10月12日
  20. 第31回日本植物細胞分子生物学会(札幌)大会 シンポジウム3 「バイオインフォマティクス講習会」 オーガナイザー: 矢野健太郎 (明治大学), 草野都 (環境資源科学センター), 北海道大学, 2013年9月12日
  21. 明治大学・科学技術研究所シンポジウム 「大規模オミックス情報解析がもたらす生命科学の新たな展開」 オーガナイザー: 矢野健太郎 (明治大学), 明治大学, 2013年9月2日
  22. 日本育種学会 第123回講演会 グループ研究集会4 「モデリングでデータに潜む知を引き出せ-Breeding Informatics 研究XI」 世話人: 矢野健太郎 (明治大学), 岩田洋佳 (東京大学), 東京農業大学, 2013年3月28日
  23. 第54回日本植物生理学会年会 シンポジウム9 「第9回 データベース講習会」 オーガナイザー: 矢野健太郎 (明治大学), 櫻井望 (かずさDNA研), 岡山大学, 2013年3月22日
  24. 日本育種学会 第122回講演会 ワークショップW06 「育種のための情報解析ツール使い倒し塾」 企画者: 矢野健太郎 (明治大学), 岩田洋佳 (東京大学), 京都産業大学, 2012年9月14日
  25. 日本育種学会 第121回講演会 グループ研究集会2 「ゲノム育種研究者のためのクラウド 解析入門 -Breeding Informatics 研究 XI-」 世話人: 岩田洋佳 (東京大学), 矢野健太郎 (明治大学), 宇都宮大学, 2012年3月30日
  26. 第53回日本植物生理学会年会 シンポジウム9 「第8回 データベース講習会」 オーガナイザー: 矢野健太郎 (明治大学), 五十嵐香理 (明治大学), 大林武 (東北大学), 京都産業大学, 2012年3月17日
  27. 日本育種学会 第120回講演会 グループ研究集会2 「大規模な実験データとオンライン情報は必要か? -Breeding Informatics 研究 X-」 世話人: 岩田洋佳 (中央農研), 矢野健太郎 (明治大学), 福井県立大学, 2011年9月24日
  28. 日本育種学会 第119回講演会 グループ研究集会4 「育種にインフォマティクスは必要か? -Breeding Informatics 研究 Ⅸ-」 世話人: 矢野健太郎 (明治大学), 岩田洋佳 (東京大学), 横浜市立大学, 2011年3月30日
  29. 第52回日本植物生理学会年会 サテライト 「植物バイオインフォマティクス研究会」 オーガナイザー: 矢野健太郎 (明治大学), 東北大学, 2011年3月19日
  30. 日本育種学会 第118回講演会 グループ研究集会2 「習うより慣れろ!パソコン実習 -Breeding Informatics 研究 VIII-」 世話人: 岩田洋佳 (東京大学), 矢野健太郎 (明治大学), 秋田県立大学, 2010年9月25日
  31. 日本育種学会 第117回講演会 グループ研究集会1 「表現型計測をねじ伏せろ! -Breeding Informatics 研究 VII-」 世話人: 矢野健太郎 (明治大学), 山崎将紀 (神戸大学), 岩田洋佳 (中央農研), 京都大学, 2010年3月27日
  32. 第51回日本植物生理学会年会 シンポジウム1 「第7回 データベース講習会」 オーガナイザー: 矢野健太郎 (明治大学), 大林武 (東北大学), 熊本大学, 2010年3月18日
  33. 日本育種学会 第116回講演会 グループ研究集会2 「メタボロームの多角的利用法 -Breeding Informatics 研究 IV-」 世話人: 岩田洋佳 (中央農研), 矢野健太郎 (明治大学), 北海道大学, 2009年9月26日
  34. 日本育種学会 第115回講演会 グループ研究集会 「新時代の選抜法 -Breeding Informatics 研究 V-」 世話人: 岩田洋佳 (中央農研), 矢野健太郎 (明治大学), つくば国際会議場, 2009年3月28日
  35. 第50回日本植物生理学会年会 関連集会 「第6回 データベース講習会」 オーガナイザー: 矢野健太郎 (明治大学), 青木考 (かずさDNA研), 名古屋大学, 2009年3月22日
  36. 日本育種学会 第114回講演会 シンポジウムIII 「植物育種におけるオミックス情報の利用と展望」 矢野健太郎 (明治大学), 松田史生 (理研PSC), 山崎由紀子 (遺伝研), 伊藤剛 (生物研), 中村保一 (かずさDNA研), 小林正智 (理研BRC), 滋賀県立大学, 2008年10月12日
  37. 明治大学・科学技術研究所ワークショップ 「大規模オミックス・データの利用と展望」 オーガナイザー: 矢野健太郎 (明治大学), 明治大学, 2008年9月8日
  38. 第26回日本植物細胞分子生物学会大会 シンポジウム4 「農作物とモデル植物におけるオミックス情報の利用と展望」 オーガナイザー: 福崎英一郎 (大阪大学), 矢野健太郎 (明治大学), 大阪大学, 2008年9月2日
  39. 日本育種学会 第113回講演会 グループ研究集会4 「考古学データから何が見えるか?」 世話人: 矢野健太郎 (東京大学), 清水顕史 (滋賀県立大学), 明治大学, 2008年3月29日
  40. 第49回日本植物生理学会年会 「データベース講習会」 世話人: 矢野健太郎 (明治大学), 札幌コンベンションセンター, 2008年3月20日
  41. 日本育種学会 第112回講演会 グループ研究集会1 「量的形質を攻略せよ! -Breeding Informatics 研究 IV-」 世話人: 岩田洋佳 (中央農研), 矢野健太郎 (かずさDNA研), 山形大学, 2008年9月23日
  42. 日本育種学会 第111回講演会 グループ研究集会 「インフォマティクスで種を越えろ! -Breeding Informatics 研究 III-」 世話人: 矢野健太郎 (明治大学), 岩田洋佳 (中央農研), 茨城大学, 2007年3月31日
  43. 第48回日本植物生理学会年会 「データベース講習会」 世話人: 青木考 (かずさDNA研), 尾形善之 (かずさDNA研), 荒武 (かずさDNA研), 矢野健太郎 (明治大学), 柴田大輔 (かずさDNA研), 愛媛大学, 2007年3月28日
  44. 日本育種学会 第110回講演会 グループ研究集会3 「情報は有効に活用すべし -Breeding Informatics 研究 II-」 世話人: 岩田洋佳 (中央農研), 矢野健太郎 (かずさDNA研), 愛媛大学, 2006年9月23日
  45. 日本育種学会 第109回講演会 グループ研究集会I 「データに埋もれるな!-Breeding Informatincs 研究 I-」 世話人: 岩田洋佳 (中央農研), 矢野健太郎 (かずさDNA研), 東京農工大学, 2006年3月30日

業績(招待講演[海外・国内])

Posted by: kyanobi

国際招待講演 (国際シンポジウム・学会・講演)

  1. Kentaro Yano (2017) Lage-Scale Analyses for Genome, Transcriptome and Knowledgeome in Plant Science. The PAG Asia Conference, Gene Mapping by Segregation Workshop, May 29-31, 2017, Conrad Seoul, South Korea.
  2. Kentaro Yano (2016) Omics- and Knowledge-based approaches for the exploration of plant genetic resources. East Asia Agricultural Genome Scientist Forum 2016, December 19-20, Busan, Korea.
  3. Kentaro Yano (2016) Omics- and Knowledge-based approaches for the exploration of plant genetic resources. Toronto University, November 1st 2016, Canada.
  4. Kentaro Yano (2016) Omics- and Knowledge-based approaches for new advances in the use of valuable genetic resources of crops. The PAG Asia Conference, Finding Function in Crop Genomes Workshop, June 6-8, 2016, Grand Copthorne Waterfront Hotel, Singapore.
  5. Kentaro Yano (2016) Systems biology for new advances in the use of valuable genetic resources of crops. Institute of Tropical Plant Sciences, March, 29th, 2016, National Cheng Kung University, Taiwan.
  6. Kentaro Yano, Hiroko Tsuchida, Koji Yokoyama, Hiroshi Chiba, Yoshifumi Tada, Takako Mochizuki, Keita Suwabe, Akifumi Shimizu, Masao Watanabe, Makoto Matsuoka, Nori Kurata (2012) OryzaExpress for Rice Omics Information Resources. -A New Statistical Method for Gene Expression Network Analysis-. 10th International Symposium on Rice Functional Genomics, November 26-29, 2012, Chiang Mai, Thailand.
  7. Hajime Ohyanagi, Takahiko Kubo, Atsushi Toyoda, Asao Fujiyama, Masahiro Fujita, Kaori Igarashi, Kentaro Yano, Jose Luis Goicoechea, Rod A. Wing, Nori Kurata (2012) CC genome pseudomolecule construction by BAC-Supported Super Scaffolding. 10th International Symposium on Rice Functional Genomics, November 26-29, 2012, Chiang Mai, Thailand.
  8. Kentaro Yano (2012) Integrated omics analysis and web-database construction in crops. 10th International Congress on Plant Molecular Biology. International Convention Center Jeju, October 21-26, 2012, Jeju, Korea.
  9. Kentaro Yano (2011) Bioinformatics challenges as the driving force in plant and agricultural science. International Symposium, Biotechnology Research Center, The University of Tokyo. Future prospects of plant Biotechnology, Tokyo University, November 15, 2011, Tokyo, Japan.
  10. Kentaro Yano (2011) A large-scale analysis for omics data in model plants. Japan-China International Forum of Advanced Research on Biotechnology 2011, Tokyo University of Marine Science and Technology, November 10-11, 2011, Tokyo, Japan.
  11. Kentaro Yano (2009) Transcriptome studies and databases for model plants. ICQBIC'09 (International Conference in Quantum Bio-Informatics Center), Tokyo University of Science, March 11-14, 2009, Noda, Japan.
  12. Kentaro Yano, Koh Aoki, Kunihiro Suda, Tatsuya Suzuki, Nozomu Sakurai, Takanori Narita, Tadasu Shin-i, Yuji Kohara, Hiroshi Ezura, Daisuke Shibata (2007) KaFTom and MiBASE: tomato genomic databases. The 3rd JSOL Tomato Workshop, March 20-21, 2007, Chiba, Japan.
  13. Kentaro Yano, Manabu Watanabe, Naoki Yamamoto, Taneaki Tsugane, Koh Aoki, Nozomu Sakurai, Daisuke Shibata (2006) MiBASE : A database of the Miniature Tomato Cultivar ”MICRO-TOM”. International Symposium on Tomato Genome Research, February 4-5, 2006, Tsukuba, Japan.

国内招待講演

  1. サントリ-グローバルイノベーションセンター株式会社セミナー, 「植物有用遺伝資源探索のための大規模オミックス・知識情報を融合したシステムズ・バイオロジーの展開」, サントリ-グローバルイノベーションセンター株式会社, 2016年11月29日
  2. 岡山大学大学院環境生命科学研究科セミナー, 「植物有用遺伝資源の探索のためのオミックス情報解析基盤整備」, 岡山大学, 2016年8月5日
  3. 「ゲノム解読とオミックス解析に基づく生命科学の新たな展開」, 大阪信愛女学院高等学校, 2016年6月16日
  4. 「社会人講演会」, 大阪信愛女学院中学校, 2016年6月16日
  5. 平成27年度園芸学会秋季大会 次世代シークエンサーの園芸学研究における利用 (公開シンポジウム), 「次世代シークエンサーを利用した配列解読と遺伝子発現ネットワーク解析」, 徳島大学常三島キャンパス, 2015年9月26日 13:00-17:00
  6. 第12回 日本ナス科コンソーシアム年会, 「Development of strategies for the seamless integration of large-scale omics and knowledge-based information」, 明治大学生田キャンパス, 2015年9月4-5日
  7. 「ゲノム解読とオミックス解析に基づく生命科学の新たな展開」, 大阪信愛女学院高等学校, 2014年12月18日
  8. 新学術「細胞壁機能」セミナー, 「有用植物遺伝資源の高度利用化に向けたシステムズ・バイオロジーの確立」, 奈良先端大学院大学・バイオサイエンス研究科, 2014年12月12日
  9. 京都産業大学・総合生命科学部 バイオフォーラム2014, 「有用植物遺伝資源の高度利用化に向けたシステムズ・バイオロジーの確立」, 京都産業大学, 2014年12月11日
  10. 日本遺伝学会第86回大会 (長浜大会), 「システムズ・バイオロジー研究に向けた大規模オミックス情報解析とWebデータベース」, 長浜バイオ大学, 2014年9月19日
  11. 第55回日本植物生理学会年会 シンポジウム17, 「システムズ・バイオロジー研究に向けた大規模データ解析とバイオインフォマティクス」, 富山大学, 2014年3月19日
  12. 第55回日本植物生理学会年会 シンポジウム5, 「de novo アセンブリによる非モデルシダ植物の遺伝子発現データベースの構築について」, 富山大学, 2014年3月18日
  13. 10th JSOL International Symposium on Solanaceae Genomics, 「High-throughput genotyping and large-scale expression network analysis of crops」, Osaka Prefecture University, 2013年11月29日
  14. 千葉大学大学院園芸学研究科セミナー, 「バイオインフォマティクスが切り開く農学研究」, 千葉大学大学院園芸学研究科, 2013年6月21日
  15. CLC Bio User Meeting 2013, 「大規模トランスクリプトームを用いた遺伝子発見手法」, 日本橋公会堂, 2013年5月27日
  16. 筑波大学遺伝子実験センター形質転換植物デザイン研究拠点 成果報告会, 「新規・機能未知遺伝子の情報伝達系および発現制御機構の同定手法の確立」, 筑波大学, 2013年4月4日
  17. 第2回 Rでつなぐ次世代オミックス情報統合解析研究会, 「大規模遺伝子発現情報に基づく遺伝子探索法」, 理化学研究所・横浜研究所, 2013年3月8日
  18. 第164回 農林交流センターワークショップ 「次世代シーケンサーを利用した配列解読とデータ解析」, 「大規模遺伝子発現情報のための解析手法」, 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波事務所・情報通信共同利用館 (電農館), 2012年9月7日
  19. 第202回 生存圏シンポジウム 「バイオテクノロジーと情報科学の接点, 最先端の生物学, 農学, バイオテクノロジーにおいて必要とされる情報科学は何か?」, 「植物遺伝情報データベースの活用方法」, 京都大学, 2012年3月5日
  20. 植物グローバル教育プロジェクトワークショップ 「高速シークエンスによる新たな研究アプローチ」, 「大規模遺伝子発現データからの遺伝子探索法」, 奈良先端科学技術大学院大学, 2011年6月8日
  21. 日本草地学会シンポジウム 「ゲノム情報を活用した牧草の品質向上のための育種戦略」, 「植物のオミックス情報解析の動向」, 宇都宮大学, 2011年3月27日
  22. 平成22年度 果樹インフォマティクスキャンプ2010, 「マイクロアレイ実験における実験計画と解析法」, 果樹研究所 (つくば), 2010年10月
  23. グローバルCOE 「システム生命科学の展開 : 生命機能の設計」 セミナー, 「植物の大規模なオミックス・データ解析とデータベース構築」, 名古屋大学, 2010年10月19日
  24. 滋賀県立大・環境科学セミナー, 「発現遺伝子プロファイリング - 環境変動する遺伝子の見つけ方」, 滋賀県立大学, 2010年2月3日
  25. 8th Metabolome Informatics Workshop, 「大規模トランスクリプトームからの遺伝子探索法」, 慶応義塾大学 先端生命科学研究所 メタボローム棟, 2010年1月28-29日
  26. 重要形質領域データベース講習会, 「Webを利用した効率的な情報抽出」, 電農館 (つくば), 2009年7月2-3日
  27. 鳥取大学農学部研究力強化セミナー, 「植物オミックス情報の活用法」, 鳥取大学, 2009年3月6日
  28. 東北大学大学院 生命科学セミナー, 「植物オミックス・データの利用法-実験データとWeb情報からのマイニング」, 東北大学, 2007年11月28日
  29. 植物科学研究教育推進事業ワークショップ, 「オミックスワールドの全貌~ゲノミクスからメタボロミクスまで」, 奈良先端科学技術大学院大学, 2007年9月28日
  30. 研究セミナー, 「ポストゲノム時代の統計遺伝学的アプローチ -今, 何がどこまでできるのか?-」, つくばリサーチギャラリー, 2007年3月15日
  31. 岡山大学COE 「植物医科学」 第31回特別セミナー, 「バイオインフォマティクスによる植物遺伝情報データベースの活用法」, 岡山大学, 2007年2月
  32. 日本育種学会 第109回講演会 グループ研究集会I 「データに埋もれるな-Breeding Informatics 研究I-」, 「データベースとウェブ・ツールから得られる遺伝子情報の利用例」, 東京農工大学, 2006年3月30日
  33. 日本育種学会 第106回講演会 グループ研究集会I 「育種学と農学のこれからを考えるXII」, 「植物育種のためのバイオインフォマティクスの利用と展望」, 三重大学, 2004年9月22日