HOME -> Program

プログラム

要旨集

第1回 植物インフォマティクス研究会のプログラム及び要旨集はこちらからダウンロードいただけます。

プログラム

9月10日(月):September 10th(Monday)

会場: 明治大学農学部(生田キャンパス)第1校舎6号館2階 6-208

10:30-10:35 開会挨拶
10:35-11:05 座長:大柳 一 矢野 健太郎 (明治大学・農学部)
「オミックス情報と知識情報の整備・融合による解析プラットフォームの開発」
11:05-11:35 中村 保一(国立遺伝学研究所)
「大量塩基配列情報処理によるゲノム解析とデータベース構築」
11:35-12:05 伊藤 剛(農業・食品産業技術総合研究機構 高度解析センター)
「高速シーケンシング時代の大量ゲノム表示ブラウザの開発」
12:05-13:30 休憩・ポスター閲覧
13:30-14:00 座長:市橋 泰範 門田 有希(岡山大学大学院・環境生命科学)
「6倍体サツマイモにおけるゲノムワイドな遺伝解析」
14:00-14:30 上野 真義(森林総研)
「針葉樹を対象にしたオミックス研究以前」
14:30-15:00 吉田 健太郎(神戸大学・農学研究科)
「トランスクリプトームで記述する植物ー絶対寄生菌の相互作用」
15:00-16:00 ポスター発表および撤去
16:00-16:30 座長:門田 有希 大柳 一(King Abdullah University of Science and Technology)
「アジアイネ栽培化に関わる論争」
16:30-17:00 山本 英司(かずさDNA研究所)
「情報科学を作物育種に利用するー展望と課題」
17:00-17:30 赤木 剛士(京都大学・農学研究科)
「非モデル」オミクスが紐解く性決定の最先端
17:45- 懇親会

ポスター発表について

9月10日(月):September 10th(Monday)

会場: 明治大学農学部(生田キャンパス)第1校舎6号館2階 6-204

  • ポスターボードの大きさは縦180㎝ × 横90㎝位です。
    この枠内に収まるように、ポスターを作成ください。
P01 田中 啓介
(東京農業大学 生物資源ゲノム解析センター)
「Microsatellite Capture Sequencing法を用いたジェノタイピング技術の構築」
P02 市橋 泰範
(理化学研究所 バイオリソース研究センター)
「フィールドアグリオミクスにより有機農業を科学する」
P03 青木 裕一
(東北大学 大学院情報科学研究科)
「作物根圏のマルチオミクス解析」
P04 矢野 亮一
(農研機構・高度解析センター)
「マスクメロン「アールスフェボリット春系3号」の全ゲノム解読」
P05 Ofori Peter Amoako
(Nagoya University)
「Genome-wide identification of ATP binding cassette (ABC) transporters in tomato」
P06 川原 善浩
(農研機構次世代作物開発研究センター)
「RAP-DB:イネアノテーションプロジェクトデータベース」
P07 石田 喬志
(熊本大学国際先端科学技術研究機構)
「mRNA-seqを用いた植物寄生性線虫によるネコブ誘導メカニズムの解明」
P08 平塚 柊星
(岐阜大学大学院自然科学技術研究科)
「塩基配列情報をもとにしたプロモーター位置の予測法の開発」
P09 武田 征士
(京都府立大学 大学院 生命環境科学研究科)
「サギソウの複雑な花弁形態を作り上げるメカニズム解明」
P10 Toda Yosuke
(ITbM, Nagoya Univ.)
「DeepStomata: Facial Recognition Technology for Automated Stomatal Aperture Measurement」
P11 岡田 萌子
(神戸大学大学院農学研究科植物遺伝学研究室)
「RNA-seq解析による2倍体コムギ近縁野生種Aegilops umbellulataのゲノムワイド多型検出と遺伝的多様性解析」
P12 齋藤 美沙
(明治大学農学部バイオインフォマティクス研究室)
「NLPを用いたトマトSolanum lycopersicum文献におけるテキストマイニング結果の解析」
P13 越水 静
(明治大学 農学部)
「植物オミック情報データベースPODC、TOMATOMICS、PODC、CatchUPの情報更新」
P14 Tabara Midori
(東京農工大学連合農学研究科)
「器官ごとのダイサーの生化学的解析と生成されるsiRNA蓄積量の比較」
P15 山崎 将太朗
(奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス領域)
「mRNA配列から翻訳状態を説明できる数理モデル ~基礎研究と実用化~」
P16 中野 友貴
(岐阜大学連合農学研究科)
「GWASとGPおよび系統間比較トランスクリプトーム解析によるアルミニウム耐性遺伝子の同定」
P17 菅野 真麻
(明治大学農学部)
「自然言語処理とマニュアル・キュレーションの併用による高信頼度機能アノテーションの作成」
P18 谷沢 靖洋
(遺伝研・生命情報研究センター・大量遺伝情報研究室)
「MarpolBase: ゼニゴケゲノムデータベースの構築」
P19 望月 孝子
(国立遺伝学研究所 大量遺伝情報研究室)
「ゼニゴケ、珪藻のゲノム解析支援: ゲノムアセンブリからデータベース公開まで」
P20 加星 光子
(農研機構・野菜花き研究部門)
「キクの形質改変に向けたDNA capture-SMRT sequencingによる遺伝子配列取得の試み」
P21 筧 雄介
(農研機構野菜花卉研究部門)
「収量や成分を自在にコントロールできる太陽光利用型植物工場<分子情報・ビッグデータ・モデルによる革新的スマート農業>」
P22 NAGASAKI Hideki
(かずさDNA研究所 ゲノム情報解析施設)
「Clarification of the Genome Structure of Micro-Tom, a Model Cultivar of Tomato (Solanum lycopersicum)」
P23 永田 博基
(横浜市立大学木原生物学研究所)
「イネ胚乳におけるトランスポゾンのトランスクリプトーム解析」
P24 神戸 友香
(静岡大学総合科学技術研究科)
「白葉茶「黄金みどり」の統合オミクスによる白葉化機構の解析」
P25 WEI Fu-Jin
(森林総合研究所 林業研究部門 樹木分子遺伝研究領域)
「Accurate transcriptome assembly of Cryptomeria japonica with higher gene coverage」
P26 山本 義治
(岐阜大学応用生物科学部)
「2因子性の転写制御配列予測法の開発」

GO TO TOP