Other

2016年中に以下の査読付き論文が掲載・アクセプトされました(戸村)

1. Ichijo Y, Mochimaru Y, Azuma M, Satou K, Negishi J, Nakakura T, Oshima N, Mogi C, Sato K, Matsuda K, Okajima F, Tomura H. Two zebrafish G2A homologs activate multiple intracellular signaling pathways in acidic environment. Biochem Biophys Res Commun 2016; 469: 81-86.
2. Negishi J, Omori Y, Shindo M, Takanashi H, Musha S, Nagayama S, Hirayama J, Nishina H, T. N, Mogi C, Sato K, Okajima F, Mochimaru Y, Tomura H. Manganese and cobalt activate zebrafish ovarian cancer G-protein-coupled receptor 1 but not GPR4. J Recept Signal Transduct Res 2017; in press.
3. Satou K, Mochimaru Y, Nakakura T, Kusada T, Negishi J, Musha S, Yoshimura N, Kato Y, Tomura H. Easy detection of hormone secretion from LbetaT2 cells by using Gaussia luciferase. J Reprod Dev 2017.

2015年中に以下の査読付き論文が掲載・アクセプトされました(戸村)

1. Mochimaru Y, Azuma M, Oshima N, Ichijo Y, Satou K, Matsuda K, Asaoka Y, Nishina H, Nakakura T, Mogi C, Sato K, Okajima F, Tomura H. Extracellular acidification activates ovarian cancer G-protein-coupled receptor 1 and GPR4 homologs of zebra fish. Biochem Biophys Res Commun 2015; 457: 493-499.
2. Tobo A, Tobo M, Nakakura T, Ebara M, Tomura H, Mogi C, Im DS, Murata N, Kuwabara A, Ito S, Fukuda H, Arisawa M, Shuto S, Nakaya M, Kurose H, Sato K, Okajima F. Characterization of imidazopyridine compounds as negative allosteric modulators of proton-sensing GPR4 in extracellular acidification-induced responses. PLoS One 2015; 10: e0129334.
3. 持丸雄太, 戸村秀明. G-protein-coupled receptor 4受容体のリガンド及び機能. 明治大学農学部研究報告 2015; 65: 1-7.
4. 大嶋菜月, 戸村秀明. 創薬のターゲットとしてのovarian cancer G-protein-coupled receptor 1. 明治大学農学部研究報告 2015; 65: 9-16.
5. 一條祐太, 戸村秀明. G2A受容体のリガンドと活性化機構. 明治大学農学部研究報告 2015; 64: 59-65.

2016年中に以下の査読付き論文が掲載・アクセプトされました(紀藤)

1. Kito K, Ito H, Nohara T, Ohnishi M, Ishibashi Y, Takeda D. Yeast interspecies comparative proteomics reveals divergence in expression profiles and provides insights into proteome resource allocation and evolutionary roles of gene duplication. Mol Cell Proteomics 2016; 15: 218-235.
2. Kito K, Okada M, Ishibashi Y, Okada S, Ito T. A strategy for absolute proteome quantification with mass spectrometry by hierarchical use of peptide-concatenated standards. Proteomics 2016; 16: 1457-1473.
3. Suzuki M, Shibuya M, Shimada H, Motoyama N, Nakashima M, Takahashi S, Suto K, Yoshida I, Matsui S, Tsujimoto N, Ohnishi M, Ishibashi Y, Fujimoto Z, Desaki Y, Kaku H, Kito K, Shibuya N. Autophosphorylation of Specific Threonine and Tyrosine Residues in Arabidopsis CERK1 is Essential for the Activation of Chitin-Induced Immune Signaling. Plant Cell Physiol 2016; 57: 2312-2322.

2015年中に以下の査読付き論文が掲載・アクセプトされました(紀藤)

1. Isowa Y, Sarashina I, Oshima K, Kito K, Hattori M, Endo K. Proteome analysis of shell matrix proteins in the brachiopod Laqueus rubellus. Proteome Sci 2015; 13: 21.

2015年中に以下の査読付き論文が掲載・アクセプトされました(大鐘)

1. Arai D, Hayakawa K, Ohgane J, Hirosawa M, Nakao Y, Tanaka S, Shiota K. An epigenetic regulatory element of the Nodal gene in the mouse and human genomes. Mech Dev 2015; 136: 143-154.
2. Arai Y, Hayakawa K, Arai D, Ito R, Iwasaki Y, Saito K, Akutsu K, Takatori S, Ishii R, Hayashi R, Izumi S, Sugino N, Kondo F, Horie M, Nakazawa H, Makino T, Hirosawa M, Shiota K, Ohgane J. Putative epimutagens in maternal peripheral and cord blood samples identified using human induced pluripotent stem cells. Biomed Res Int 2015; 2015: 876047.

加藤研究室の研究に関する新聞で報道されました

加藤研究室の研究に関する新聞等の報道
1)日経産業新聞 (研究紹介)
題 名:ヘルペス感染で精子形成異常に
掲載日:2016年1月29日(金) 8面
https://www.meiji.ac.jp/agri/info/2015/6t5h7p00000kabo1.html

本支援事業の第2回セミナーを開催しました

東北大学の松居先生をお呼びし、下記の内容でセミナーを開催しました。
「生殖細胞:イッツ・ア・スモールワールド!?」
講師:松居 靖久 先生
東北大学・加齢医学研究所・教授
2015年11月27日(金)15時30分~17時00分
会場:第一校舎6号館2階 6-207教室
講演概要
細胞の中で、唯一、次世代の全てを作り出せる生殖細胞の内部には、世にも不思議な宇宙が広がっているように思えます。私がこのスモールワールドに迷い込み、さまよい続けながら考えてきたこと、そして、これから見てみたいと思っていることについて、お話ししたいと思います。

平成27年度創薬等技術基盤プラットフォームの分析申請が採択されました

平成27年度創薬等技術基盤プラットフォーム(http://pford.jp/about/)の申請課題「ラット下垂体成熟過におけるPROP1標的遺伝子ネットワーク探索」が正式に採択されました。PDIS1081

本支援授業の第1回セミナーを開催しました

岡山大学の守屋先生をお呼びし、下記の内容でセミナーを開催しました。

「細胞内でタンパク質の発現限界を決める要素はなにか?」
講師:守屋 央朗 先生
岡山大学・異分野融合先端研究コア・准教授
2015年6月22日(月)16時30分~17時30分
会場:第一校舎6号館2階 6-208教室
講演概要

数千から数万のタンパク質が協調して働くことで、細胞の生命活動は維持されている。それぞれのタンパク質の発現量は、生命活動を最も効率的に維持するために、高度に最適化されていると考えられている。一方で、環境の変動や細胞内の遺伝子発現のゆらぎ、変異に対して生命活動を頑健に維持するために、これらのタンパク質の発現量にはある程度の許容範囲があるとも考えられている。私たちは酵母を真核細胞のモデルとして、細胞内でそれぞれのタンパク質の発現量をどれくらいあげたら細胞の機能が破綻するのかを、独自に開発した遺伝子つなひき法を用いて調べてきた。本講演では、細胞内でタンパク質の発現限界を決める一般的な要素について、細胞周期や解糖系、ゲノム全体を対象にした解析の結果をもとに紹介する。

西村直人が日本下垂体研究会第30回学術集会で最優秀発表賞を受賞しました

西村直人 
1)最優秀発表賞を受賞
「成体下垂体前葉の幹・前駆細胞ニッチの単離とその解析」
日本下垂体研究会第30回学術集会(2015.8.5-7, 富山県・宇奈月温泉)
http://www.meiji.ac.jp/agri/daigakuin/info/2015/6t5h7p00000j9cv2.html
http://www3.u-toyama.ac.jp/jspr2015/

最近のコメント

    カテゴリー

    TOPへ戻る